< スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --.--.-- --. --:--:-- | Edit this archive | Category - スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

< 020:「臆病者」

ありもしない感情を
適当にそこらに並べて
それらに話させて
みんなを避けていく

もう何人の人を
かわしてきたのだろうか
逃げてると馬鹿にされても
卑怯だと蔑まれても
くぐり抜けてきた

確かな存在意義が
たったひとつ欲しいだけ
それだけなのに私は
他の人には分からない
苦労をし続けている

ただの道行く人が
私には怖すぎて
障害物よりももっと恐ろしい
そんな存在だった

視線も声も
全ては私の敵になる
ずっとそこにいては
やがて捕らえられてしまう

そんな私がつけられたあだ名
呆れるほど私にはぴったりで
案外嫌な気はしない
私は未だに克服できていない

ようやく存在意義を
見つけ出せたとして
そこはきっと
聞いたこともない場所

どこまでも逃げ続けて
ようやく誰にも見られない
私にとって至福の場所

自分自身で納得することができる
その答えを見つけたとしても
もう私は帰らない
そのあだ名を背負ったままで
一人生き続けるから
No.106 | 2011.03.19 Sat. 20:00:00 | Edit this archive | Category - Default | 0 Comment(s) | 0 Trackback(s)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。