< スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --.--.-- --. --:--:-- | Edit this archive | Category - スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

< Voca'clock シリーズ 製作うらばなし その2

しばらく経過して2009年9月。自分のPCに異変が起こります

始業式を終えて、早速PCに向かうや否や、何かがおかしい。
調べてみたところ……。

「W」「Windowsキー」「Tabキー」「F5キー」「F8キー」の5つのキーが突然反応しなくなってしまいました。
笑いの表現もできないし、IDとパスワードを入力するのも大変面倒
そのまま2か月くらい使い続けたのですが、結局11月ごろに修理に出しました。

が、キーボードの交換の際に、HDDに難があるということでHDDが取り換えられてしまいました。
バックアップも何もしていなかったのでVC1のデータが完全に消えてしまいました。

当然意気消沈してたと思います、当時の自分。
もうVC1は作り直せない。
変な挙動こそしないけど、作り直したかった部分をたくさん残したまま、今も動き続けているということに。

そうすれば、選択はひとつしかありませんでした。新しいものを作り直すしかないと。
クルルの元に残っていたのは、かなり古いバージョンのプロジェクトファイル。
画像の挙動は特に問題ない。

素人は素人なりに、わずかに残ったデータから作ってみることにしたのです。

時報と30分報は統一してみたり、腕時計みたくストップウォッチとタイマーつけてみたり。
VC2にて一番ユニークな機能と言ったら、
32名の絵師からお借りしたスロット形式で画像が決定される時報・30分報ですかね。

結局このシステムは32分の1でしか画像が出てこないのと、せっかくお借りしたのに申し訳ない感が強い関係で、
VC2オンリーの機能になってしまったのですが。
この時初めてあいさつした方で今でも関係が続いているのはやっぱりかげちゃんくらいでしょう。
今年は誕生日プレゼントまでもらったり、こちらのFLASH製作に興味を持ってくれて宣伝してくれたり、
対面できたとしたら、正直頭が上がる気がしないです。

あと、中央から♪や☆が外側に向かって飛んでいくというエフェクト
あれは再現が面倒くさいからVC3ではひとまずお蔵入り。
VC4では…暇なら実装するかも。

ブログパーツ.comやブログドレッサーにも宣伝してみた。
実はVC3よりもこちらの方がランキングが上だったりしますが、
それは当時そのような時計がなかったからであって、
VC4で投稿したとしても、いわゆる「またお前か」状態になって、期待しているほどの結果は返ってきません。

今見直せばまだまだ恥ずかしいポイントがたくさん残っていますが、
たくさんの処理やテクニックやコードを一番勉強した作品でもあるので、
自分の能力をそれなりに高めた作品としては、個人的には評価できます。

キャラクターは当時発売されていたAHS社の3名のVOCALOIDに加えて、
たくさんの派生キャラとUTAUキャラを追加してみました。
ただ、それらはほとんど日付部分での登場だったので、若干存在が薄かったかも。

そして冷音さん初登場。VC2限定のコスチュームになってます。
なぜならこの頃冷音さんは主にイラストが初代だったし、レカについては色つきのイラストがほとんどなかったので。
それらが充実してきたVC3以降はもう少し黒い部分が増えて落ち着いたデザインになってます。

その3につづく。




この記事内容とは全然関係ないけれど。



はりーさんの6曲目だよ。リンだよ。
No.140 | 2011.10.01 Sat. 10:50:01 | Edit this archive | Category - Default | 0 Comment(s) | 0 Trackback(s)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。