< スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --.--.-- --. --:--:-- | Edit this archive | Category - スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

< 知ってほしいな

Flashの音ゲーはほとんどの場合、mp3、txtファイルを本体に読み込ませることによって、
どんな曲でも遊べるようになります。
その2つのファイルが比較的簡単に用意・作成できることから、ここまで広がってるんだと思います。

今、知ってほしいな、と思うのは、自分だけの音ゲーを作る楽しさってことです。
自分が作りたいように作ってしまっていいし、仕様も好きなように変更できますので、
他人が作られた本体をお借りして、ファイルを用意して自分のサイトで公開するのとは、
全く違う楽しさが待っていますよ。

そういう自分も過去は本体をお借りしていた身でした。
ですが、現在著名なFlash音ゲー、例えばCIRRING、Dancing Onigiri、オワタツジンといったものは、
ParaFla!で製作されているわけなので、ParaFla!ユーザーである自分にも何か作れたらなと。
それも、誰かがきっと一度は考えて、実現しなかったであろうものを。
それがTypercussionの始まりなわけです。
その時はPCがぶっ壊れていたので、学校のPCでプログラムを組んだわけですが。

Typercussionに関しては、本体を配布しない方面で製作したので、
それはそれはもう、やりたいようにやらせていただきました。
本体をどんどん広げるというよりは、このゲームはここでしか遊べない、というものを追求したかったので。
これから先も本体を配布する気はないですよ。
もう閉鎖するべきだ、と感じたら素直に閉鎖します。



ところで、プログラムがあまり得意でない方に、
「どうしたらそんなものが作れるようになるの?」ということをよく聞かれます。
その時、いつも決まって、「ゲームとかをいくつも作っていればそのうち身に付くよ」と言ってます。

プログラムにおいて難しいのは、個人的にはif文やfor文などのありふれた予約語を使って、
システムを制作することだと思っています。
それらは記述法がどうこうというよりも、頭の中でどのような処理をさせればいいのか、
そのうえで、どう書けばいいのか、を考えないといけないのです。

ゲームを作るということは、この「頭の中で考える」ということをひっきりなしに行います。
しかし、何度もそれをこなすことで、自然にプログラミングの能力は上がるはずです。
あとは、使ったことのない関数を調べたりしていくだけで、
一人だけでそこそこのゲームを作ることができるようになるでしょう。

そこまでの実力を得るためにはかなりの時間が必要ですが、
徐々に出来上がっていく作品やゲームを見るたびに、自分の中に楽しさや面白さが生まれるのであれば、
最低でも、周囲から一目置かれるプログラマーくらいにはなれると思います。



actionscript2.0以降はいろいろとややこしくなりますが、1.0であれば初心者でも理解しやすいですし、
ParaFla!に唯一対応しているスクリプトバージョンでもあります。
手軽にゲームを作ってみたい人はぜひParaFla!の使用を推奨します。
No.156 | 2012.06.02 Sat. 09:09:00 | Edit this archive | Category - Default | 0 Comment(s) | 0 Trackback(s)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。