< スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --.--.-- --. --:--:-- | Edit this archive | Category - スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

< いやふぉん

イヤフォンと書くのではなくて、イヤホンと書くのかな?
でも英語で書くとear phoneなので、フォンでも間違ってないと思うけど…。

今までは白いコードに水色の耳あてのようなもので作られたシンプルなものを使用していました。
値段は正確に覚えていないけどだいたい700円程度です。
その割にはかなり長期間お世話になりました。
少なくとも3年ほどは。イヤフォンにしてはかなり持ってくれた。
その前に使っていたものは1年ほどでお亡くなりですからね~。

で、これは少々変わったものを買ってしまったようで、
左耳の耳あて部分から、右耳へのコードが出ている。これはそこまで不思議に思いませんが。
同じくその部分から、ピンヘのコードが出てます。
つまり、オーディオ機器に差し込む穴の部分のプラグがコードによってくっついているということです。
それで、後者の方は5cmほどから1mほどまで長さの調節が可能みたい。

音質のほうは前と比べると全体的にこもってるんですよね。
おそらくもともと音漏れ対策を考えて作られているのだと考えればおかしいことではないですが。
イコライザーとかでもあんまり効果は得られないのでこの音に慣れるしかないですね。
とはいえ、まだ家の中でしかこれを流してないので、外で聞けばまた違うのかもしれませんね。

ちなみに自分はipodというものは持っておりませんのでSDオーディオで聞いてます。
今頃SDなのかと、そう言われても仕方はありませんが、今でもSDです。
高校に入るまではずっとMDでしたよ?

VOCALOID・UTAU用と、J-POP用にSDは分けてますが、最近では前者を主に使用していますね…。
後者は1GBですが、前者はなんと256MB。このオーディオでは4GBのSDHCカードまで使用可能なのに。
とはいえ、1曲を5分と仮定しても、256MBだと(64kbpsで)一応101.6曲ほどが入る計算になります。
通常の音質だと96kbpsなので70曲くらいになってしまうのかな?
SDに曲を入れるときは、MP3をSD-JukeboxというソフトでAACという拡張子に変換してもらってそのまま入れます。
この変換時にどんなビットレートであろうが64kbpsにするのですが、音質の低下がほとんど感じられないので大丈夫でしょう。

あとSDは曲名だけでなくアーティスト名も入力できるので一応全曲にタイトルをつけてます。
MDの頃からタイトルをつけるのは趣味でしたからね。

ちなみに現在のところ、VOCALOID・UTAUのSDには92曲が入ってます。
登下校中とかはよくお世話になってます。
最近は歩いて登下校してるのでだいたい4~5曲は聞けるんですよね。
また、すごく眠いけど寝ては困るようなとき、これで音楽を聞きながら横になってます。
本当に寝てしまっても曲のおかげで少量の睡眠で済むとともに、1時間は眠くならなかったりします。
信頼性はないけどね。
No.17 | 2010.05.16 Sun. 21:27:30 | Edit this archive | Category - Default | 0 Comment(s) | 0 Trackback(s)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。