< スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --.--.-- --. --:--:-- | Edit this archive | Category - スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

< ある人に

言われました。

人のことを隅々まで詮索することはよくないと。

自分にとってそれはごもっともすぎる言葉だった。

…おそらくあの人が自分に対してここまで怒ってきたのはきっと初めてかもしれない。

それでもその人の優しいところは、
その人自身も詮索されるということに対しては少なくとも不快感を持っていたから、
何にもこちらに言わずに完全に無視することもきっとできなかったわけじゃないけど。
そうやって悪いところを指摘してくれることだと思う。

その人が言った言葉、

『今から出会う人にもいやな思いさせたいの?
 これから付き合っていく人にまた嫌な思いさせたいの?』

この言葉に一番自分は感銘を受けたと思う。
その人とは結構付き合いが長いから、それなりの量の会話をしてる。
そんな相手だからその人は本気で言ってくれたはず、むしろ本気で言わないわけがない。

「人と会話するな」って言っているわけじゃない。
「質問をするな」ともきっと言っているわけじゃない。
きっと「必要以上のことをむやみに聞きだすな」ってことなんだと自分では思ってる。

何らかの情報を明かさないのはそれなりの理由がある。
それでもういいじゃないか、どうしてその理由を関係ないあなたに教える必要があるんだ、と
こういうことなんだと思う。

確かに人付き合いが苦手なまま生きてきた。
それゆえ「?」な状態の情報は持ちたくない性格でもある。余計不安になるから。
で、その「?」を「!(理解する)」に変えたいがために、
相手がそれによって不快になるなら結局相手は嫌な気持ちになる。

あの人はその嫌な気持ちを抱えたままでずっといて、
こちらとの今までの付き合いの中でプログラムが生成されて、
そのプログラムを満たさない条件を今か今かときっと待ってたのかもしれない。

その人が優しい人だったから、こちらにきつく怒ってくれたんだと今では思っています。
これまで散々迷惑をかけてごめんなさい。
そして、ありがとう。

詮索するべき対象は、自分自身だったね。
自分のこともよく分からない人が、相手に対して何ができるのかと言われたら、返す言葉がないからね。

これからもまた別のことでその人には迷惑をかけることがあるかもしれないけど。
その時自分は何でその人に返すべきなんだろうか。
その指摘された事柄を深く理解して、態度で示せばあの人は許してくれるだろうか。
No.39 | 2010.08.03 Tue. 20:28:48 | Edit this archive | Category - Default | 1 Comment(s) | 0 Trackback(s)
初めまして。検索からお邪魔しました。

人付き合い、確かに難しいですよね。
相手との距離感をうまく取れなかったり、こちらで意図していることが伝わらなかったり、誤解されてしまったり。

でも、そういうことを大人になってから指摘してくれる人がいるというのは、きっと素晴らしいことですよね。

ちょっとうらやましいなぁと思います。
[ 2010.08.04 Wed. 10:02:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。