< スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --.--.-- --. --:--:-- | Edit this archive | Category - スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

< 005:「ココロ」

どうやら乱数ひとつで
制御できるものじゃない
複雑なアルゴリズムを組んだって
うまく動いてくれそうにもない
もっともそれで作られたとしたなら
自分の命がいやになるだろう

あらゆる人に
あらゆるものに
自動で動かされ
それが表情や言葉へと
変換されて外に出されて

そうやって生きてるのは
別に私たちだけではなく
すぐに逃げてしまう猫も
そこらじゅう飛び回る鳥も
きっと同じだろう

数秒ごとなのか
数分ごとなのか
あるいは瞬きしたこの瞬間なのか
自分自身でそのタイミングを
完璧に制御できているとは
少なくとも私には思えない

ある意味それは
生命における神秘であって
生まれた時から死ぬ時まで
片時も離さず自分の中に持っていられる
それでいて無限に使うことができる
あまりに贅沢なもの

作りだすものが
全ていいものとは限らない
トラブルを起こすことなんて
珍しいとは言えない
もちろんいいものを作り出すことも
限りなくあるけれど

それの存在を否定するなんて
私にはまずできないだろう
それがなければ
私はここにいなかった
それなしでは
ここにいる理由も無くなるからね
No.86 | 2011.03.03 Thu. 20:00:00 | Edit this archive | Category - Shout | 0 Comment(s) | 0 Trackback(s)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。